利用が減っている|ガンプラや鉄道模型といったマニアックな商品を買取査定に出す

ガンプラや鉄道模型といったマニアックな商品を買取査定に出す

眼鏡の男性

利用が減っている

複数の切手

電子メールやSNSを用いた連絡が主流となった今、切手の価値に目を向ける人の数は減りつつあります。しかし、中国切手となると話は変わります。「毛主席の最新指示」「赤猿」「梅蘭芳舞台芸術」。これらは、中国切手の中でも特に高い買取価格が付くものとして有名です。具体的な相場としては、「赤猿」ならばたった1枚で10万円程度、「梅蘭芳舞台芸術」ならば小型シートで100万〜200万円以上といったところでしょう。高値が付くものは1950〜1990年代のものが中心ですが、それ以外でも日本の切手とは比べ物にならないほどの買取価格が付きます。急激に、というわけではありませんが、現在もその価値は上昇傾向です。もしも「これは」と思う中国切手が手元にあったのならば、一度は買取の鑑定を依頼してみるべきではないかと思われます。

驚くほどの高値が付く中国切手ですが、その価値の根拠はいたってシンプルだと言えるでしょう。その根拠の一番の土台となっているのは、中国の経済成長です。切手は「切符手形」、つまり支払いの証明書です。経済的地盤がしっかりしている国の「証明」は非常に信用度の高いものと言えますから、切手が紙屑のようなものになるという心配がありません。また、富裕層の人々の多くは何らかのコレクターになることが多いのですが、中国切手もその対象です。中国では経済成長が続いて富裕層が増え、切手の収集も盛んにおこなわれるようになりました。その結果、色々な切手にプレミアがつき、買取価格も高騰したのです。一昔前からの中国の大きな経済成長により、中国切手に関しては、他に類を見ないほどの熱い取引が行われるようになったのだと考えられます。